革靴の靴擦れ対策はかかと,くるぶしや小指,足の甲を100均で防止できる!

みなさんこんにちは!

あなたは革靴を履いていて靴擦れを起こした!

ということはないでしょうか?

私は革靴を履いた時に靴擦れを起こしてしまいかかとを痛めてしまう。

ということがあります。

せっかく少し高めのお金を払って購入した革靴ですから

たくさん履いておしゃれを楽しみたいのに

靴擦れを恐れて履かないってかなり勿体無いですよねw

今日から革靴を存分に履いておしゃれを楽しみましょう!

では一体どのようにして靴擦れを起こすことがなく革靴を履いていけば良いのか、

対策としては・・・

ズバリ100均で買える〇〇を使う!ということをお伝えしていくので最後までご覧ください!
スポンサーリンク



革靴で靴擦れが起こる原因、理由

[出典]http://lifehack-navi.com/archives/2347

まず普通のスニーカーなどでは靴擦れが全く起こらないのに

革靴では靴擦れが起こってしまうということについてなのですがこれにもしっかりとした原因と理由があるんです!

まずスニーカーについてですがスニーカーというのはだいたいクッションがしっかりとした素材を使っているということが多いです。

確かにそうですよね!できるだけ負担がかからないように設計をするとなると

クッション性の高い工夫を施しているという事になります!

なので!スニーカーはしっかりとクッション性が施されている!

ということもあり結論からいうと

靴擦れを起こしにくい!!

という事になります。

反対に革靴はクッションがしっかりとしておらず硬い靴底となっていることが多いです。

靴擦れを起こしやすい!!

いやいや、突然靴擦れが起こしやすい!

と言われても一体なぜ革靴は靴擦れが起こしやすいのか

わからない!

という方が多いのではないかと思いますので

ご紹介させていただきますね。

靴擦れというのは、同じところに靴の素材が当たっては離れてというのを繰り返すことで

次第に皮膚が剥がれて靴擦れをしている!

という状態になっているということを指すみたいです。

そしてなぜ皮膚がなぜ剥がれていくのか?

という疑問を抱くのではないかと思います!

そこに関しては摩擦を起こして剥がれている!!

ということが考えられます。

というかな皮膚に強い摩擦が生じてしまっているんですね。

なのでできるだけ摩擦を起こさない仕組みを施していく!

ということが何より大事となってくる。

という事になります!

例えば、サイズを少しでも間違えてしまうと靴と皮膚の当たっては離れてというのがますます繰り返されてしまうのでサイズにはもっとも注意が必要と言えます。

靴のサイズはジャストサイズを意識する!

ということを頭の中に入れておくことが大事なのではないかと思います。

このトピックをまとめると

皮膚と靴が摩擦を起こしているというのが靴擦れを起こす一番の理由、

原因ということになるので

できるだけ足の皮膚と靴の間に摩擦を発生させない仕組みを

作るということが大事です!
スポンサーリンク



革靴の靴擦れ(かかと,くるぶし,小指,足の甲)の対策!

先ほど皮膚と靴が擦れ合って摩擦が発生してしまい靴擦れが発生してしまうということをご理解いただけたと思うのですが

では対策として何をしていけば良いの?

という疑問を抱いたのではないかと思います。

そこで具体的にどのようなことを行っていけば良いのか?

という事について説明していきたいと思います。

靴クリームを使って靴を柔らかくする

ズバリ、靴クリームを使い靴を柔らかくする!

という事になります。

革靴は硬い素材で作られているので

革靴自体を柔らかくすればいんじゃね?

と思った方いるのではないかと思います!

そうです。革靴自体柔らかくしてあげるというアプローチがあります!

そうする事で皮膚と革靴の摩擦が緩和されていくんですね。

そうなると必然的に

靴擦れも無くなってくる!

という考え方になります。

やり方としては・・・

クリームを用いて対策をとることにより革に水分を含ませやわらかくさせ

数時間自分が靴を履いて過ごすことであなたの足に合った

革靴の形になるといった感じとなります!

そんなに難しい事ではないような感じなので

実践してみてはどうでしょうか?

スポンサーリンク



100均(ダイソー)のアイテムを使った靴擦れ対策!

先ほど紹介した靴クリームを使っての対策を行っていき

靴擦れをおこさないようにしていく!!

というアプローチも良いのですが・・・

先ほどの靴クリームを使うというアプローチには

お金と時間がかかりすぎてしまう。

というデメリットがあります。

少しお金と時間がかかってしまう。

ということが考えられるんですね。

なのでここからはお金と時間が靴クリームのアプローチよりも

お金と時間という面で良いアプローチ方法もご紹介させていただきます!

いやいやそれがあるなら先にそれだけ紹介してくれよ!

という気持ちもわかるのですがとりあえず見ていきましょう。

冒頭にも触れさせていただきましたが

100均で買える〇〇を使う!!

ということを覚えていますでしょうか?

この〇〇というのはインソールです!

[出典]http://jyousyahissui.blog.fc2.com/

インソールが一番お金的にも時間的にも手軽にできるという面でお勧めします!

では一体なぜインソールが靴擦れの対策として使うことができるのかご紹介していきます。

靴擦れが発生するのはだいたい、くるぶし、かかと、小指、足の甲の皮膚が革靴と擦れて靴擦れが起きるので革靴と皮膚が接触しないようにする!ということが大事になってきます。

接触しないようにしていくにはインソールを用いて靴底をあげるというアプローチをしていくことが重要です。

とにかく皮膚と皮靴を接触させない!といった感じとなります。

インソールの中でも一体どのインソールを買ったら良いかわからない。

という方もいるかと思いますがかかと用のインソールを買いましょう!

かかと用は男性用がない場合が多いですが女性用でも大丈夫なので女性用を購入してください。本当にインソールを使ってみるとしっくりくるといいますかブレなくなるのでかなり良いです!

さて問題の靴擦れが本当になくなり対策できるのか?

ということですが正直確実ではないです!

これは本当にご理解ください。

そもそもの靴選びや皮膚の状態や革靴の素材などの条件によってかなり変わってくる

というのが本音です!
スポンサーリンク



それでも靴擦れが解消されない場合

先ほどインソールを使って対策をとる!ということと効果はでるが確実でない場合がある。

ということで解消されない場合はどうしたら良いかという点に関して、絆創膏を貼るということをお勧めします。

もう直接貼るという感じとなりますがインソールを使っているとズレがないので絆創膏が取れるということがないので絆創膏を使うということはかなり効果的なのではないでしょうか?

最後に・・・靴選びを見直そう!

最後になるのですが効果的な靴の選び方、購入の仕方をご紹介させていただきます!

お店によってはシューフィッターと呼ばれる最適な靴を選ぶことができる人がいる靴のお店に行くということをお勧めします!

あなたの靴の正しいサイズを専用の器具を用いて測定してくれて足の特徴を理解した上で

提案していただけるのでかなり良いのではないかと思います!

また今後新しく購入した靴と一緒に履くであろう靴下と一緒に靴を選ぶということを実践してみてください!

今回も最後までご覧いただきありがとうございました!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする